ダイエットも肉体労働も日頃のちょっとしたことから始めよう

ダイエットを始めるまで、家に帰ってきたら動かないお菓子を食べる、お菓子屋ジュースのゴミはまとめて捨てる、という生活を送っていました。
自分がタルみたいな体型になりさすがにこれはダメだろ、と思いダイエットを始めようと思ったのですが、あまりに太っているため、何から始めたらいいのか分かりませんでした。
痩せたいけど食事を制限したりするのは最初からだとしんどい、と思っていたので、ちょっとしたことからでも動こうと決めたのです。
例えば帰ってきてすぐ座っていたのをすぐ座らずに窓を開けて換気するとか、床が汚れていたらちょっとでも拭く、とか、座ってお菓子を食べているときゴミが出たらすぐゴミ箱に捨てるようにする、とかちょっと何かをしたらそれに関して動くことにしたのです。
ちょっと何かをしたら動くようにすると、今まで自分がどれだけ動かなかったのか怠けていたのかということが分かるようになり、これだけ動かなかったらそりゃ太るわな、と客観的に自分を見ることができるようになったのです。
そのおかげで会社とかでも、痩せている子がなぜ痩せているのかが分かるようになったのです。すぐ動くからです。これは後ででいいか、というのがなくすぐ行動に出るのです。そのしぐさがとても綺麗で、太っている私でしたら「よっこいしょ」と言いそうな雰囲気なのですが、痩せている子は「さっ」とか「すっ」という感じなのです。あこがれてしまいます。
確かに、ちょっと動くだけでは消費されるカロリーも高くはないと思うのですが、そんなことを考えるよりも行動に出るほうがカロリーが消費されるのです。
最初のうちは、色々考えて「ちょっとでも動けば座っているよりカロリー消費できるし」と実行していたのですが、最近は考える間もなく立ち上がりゴミを捨てにいったりちょっとした行動を行うようになりました。
自分の重たい腰を上げることができたのです。
私はまだ痩せてはいませんが、いつか彼女たちのようなちょっとしたことでも「すっ」と動ける、憧れている人になれるかな、と思っています。